AIRMAN 北越工業株式会社

| 株主・投資家情報 |

環境への取り組み

当社は本社工場において、京都議定書の発効等で世界的に課題となっている環境問題に企業の社会的責任の一つとして積極的に取組むため、環境に関する国際規格ISO14001の認証を取得いたしました。 今後はISO14001 の管理手法を活用して、環境保全活動を推進してまいります。

品質・環境方針

当社の経営理念である「お客様第一」を基本に、当社製品の提供を通じ、社会の発展に貢献するAIRMAN(ロゴ)として、以下の品質・環境方針を定める。

  • お客様に満足いただける製品の提供を目指し、品質マネジメントシステムを確立し、実行し、その有効性を継続的に改善する。
  • 環境にやさしい工場を目指し、環境マネジメントシステムを確立し、汚染の予防、持続的な資源の利用、気候変動の緩和とそれへの適応、生物多様性及び生態系の保護に対する配慮を含む環境保護活動を実行し、その有効性を継続的に改善する。
  • 当社製品及び活動に適用される法規制や当工場が必要とする業界、行政機関、その他の利害関係者との取り決めを順守する。

この品質・環境方針は、全従業員に周知すると共に、その達成に向けて品質目標、環境目標を策定し、「年度計画」に展開し、実行する。

2016年4月20日改訂
北越工業株式会社
生産本部長 武石 学

お知らせ

緑化優良工場等経済産業大臣賞を受賞いたしました (2012年11月1日)

工場の緑化を積極的に推進し、工場内外の環境整備に顕著な功績があった工場を対象にした平成24年度緑化優良工場として経済産業大臣賞を受賞しました。
昭和54年の工場建設と同時に開始した「ふるさとの森づくり」活動をはじめとする全社的な環境保全活動を高く評価していただきました。

この「ふるさとの森づくり」とは
・庭木による庭園作りではなく、自然の樹木を苗木から育てゼロから森をつくる
・社員だけでなく地域住民も利用できる安らぎの空間(広場、池、水辺)をつくる
をコンセプトとした、長期的な植樹・環境保護計画であります。

33年経過した「ふるさとの森」の植物は200種類を超え、池にも多くの魚がすみ新潟大学をはじめとした研究機関の貴重な調査対象環境として経過観察されています。地域への開放も積極的におこない、遠足の季節には幼稚園児が水と戯れ、アヒルを追い回す姿がみられます。